なぜ? どうして? 科学のふしぎな話

画像


なぜ? どうして? 科学のふしぎな話(ナツメ社)
日本科学未来館 監修


イラストを描かせて頂きました本の紹介です。
発見!科学のすごい人!のページを描かせて頂きました。

先日ノーベル賞の授賞式などが行われましたが、光栄なことに青色LEDの誕生に貢献された3人の似顔絵も描かせて頂きました。

この本は大人が読んでもおもしろいですよ。
なんとなく知っているけれど、はっきり知らないこともあり、あれ?聞いたことあるけれど何だっけ?と忘れてしまったこともあったりして…。

はじめてパラパラッと見たときに「クモの巣は、どうやってはるのか」というページに目がとまり「ほえ~、そうなんだ~」と感心してしまいました。知ってる~?
なんでそれかって?
だってさ~、クモが嫌いで今まで興味がなかったんだも~ん^^;

その他、たくさんの身近のなぜ?がたくさん書いてあっておもしろいですよ。






以下、Amazonの本の紹介文章のうつしです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4816357602/ref=s9_simh_gw_p14_d0_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-3&pf_rd_r=0YFJT65338E3B196VT8G&pf_rd_t=101&pf_rd_p=155416469&pf_rd_i=489986



商品の説明
内容紹介
■小学1年生から3年生までが対象の「科学」の本です!
小学校1年生からの学校生活がはじまると、さまざまな体験、経験
を通じて、好奇心が大きく育ちます。この本では、小学1年から3年
までに習う「理科」の中から、子どもたちの関心が特に高いテーマ
を中心にとりあげました。

■楽しみながら見てわかる「科学のふしぎ」
ひとつのテーマを一見開きの完結とし、各見開きは全面のイラスト
を中心に紹介しています。「科学のふしぎ」が、パッと見て、ひと
目で理解できます。

■身近な科学に親しめる
子どもたちが日常生活の中で感じる、身近な科学のふしぎにる題材
を、100本収録しています。飽きないように、さまざまなタッチの
イラストが登場します。絵本感覚で楽しむうちに、自然と科学に親
しむことができます。

■知識をさらに深められる
各見開きには、一歩進んだ知識をまとめたミニコラムや、○×式の
科学クイズなども紹介しています。興味を持ったテーマについて、
さらに知識を深めることができます。





















"なぜ? どうして? 科学のふしぎな話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント