はちこさん

画像ここに住んで、早くも12年。長っ
春にやってくるのが、はちこさん。
そう、蜂が巣作りにやってくるのです。
南向きで夏場は暑い位なので、蜂の巣を作るのには、とっても良い環境らしい



巣をみつけて、破壊した事が3回程あります。
その時は、ベランダのサッシの端とかに作ってて、洗濯物出す時に、蜂が飛んでて発見しました。


今年もみつけてしまいました。
場所は、網戸の左端。
いつの間にかあるし

この場所だと、ちょうど、左側の窓は開けないので、部屋に入る心配はなく、しかもガラス越しに観察できてしまう
ついつい、見てしまう。

巣は、5部屋あって、その一つずつに、卵らしき白い丸い物が入ってる

この蜂は、一体、何蜂だろうと思って、図鑑を調べると、
『フタモンアシナガバチ』
でした。
色、模様、大きさ、ばっちり同じです。
いる所…『ごくふつうに人家など』
と書いてあるし


この蜂の生態が載っていました。
母バチ1匹で巣を作り、卵を産んで、働き蜂が増え、巣を大きくして、夏の終わりに、次の母バチとなるものとオスバチが誕生するそうです。
で、新しい母バチが越冬して、翌年、また一人で巣作りするそうです。

ほえ~、母子家庭なんですね。
という事は、この蜂は、お母さんでメス、はちこさんですね。
名前など付けると、愛着をもっちゃうぢゃないかっ


はちこさんは、朝方、10時半頃まで、巣にしがみついて寝てます。
気温の上がった頃に動き出し、何やら巣の手入れをします。
正午頃になると、どっかへ出かけます。
多分、エサを食べに行ってるのかな。
2~3時間して、帰宅。
また、巣の手入れをして、4時半頃には、また、巣にしがみついて、寝てます。
実働時間5~6時間。


寝てるとピクリともしませんが、起きている時にガラス越しに見ていると、わかるらしく、触角を動かしたり、お尻をフルフルさせて威嚇体勢をとります。
おーコワい

ならば、すぐにでも巣を取らないと…。
子どもが生まれたら大変だ

はちこさんが出かけてる空きに、網戸をバーンと思い切り、左へずらせばいい事なんですけどね。
何か気の毒な気がして、なかなかできないのね。
でもぉ~、もっと経ってから、壊された方がショック大きいよねー。
1から、やり直しだし…。
後少しで完成のプラモデルをバーンって…、あ、違う、卵がぁ子どもがぁってなるもんね。


もっと暑くなると、もっと行動時間も長くなるだろうし、何より、働き蜂が育ったら、危険だから、やっぱ、取らないとね

取って、下へ投げるかな。
下の人がメイワクかしら?
取っても、母バチは、どこに巣があるかわかるのかしら?


と、まあ、いらん悩み



網戸の端を見たら、何と!巣を作った後が3つもありました。
今ある巣の下に10cmずつ下に跡があった!
全然、気が付かなかったので、毎年、多分、私が知らないで壊してたんでしょうね。
て事は、毎年、失敗してんじゃん
いい加減、成長して、家で、巣を作るのやめてくれませんかね。
失敗するのもDNAに残ってるんでしょうか??



卵が大きくならないうちに、取らなくちゃ
はちこさんがいる時に、洗濯物を出す時は、帽子かぶって手袋して防備してます
あほや~画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック