春の嵐

画像夕方から洗足池へ

長居するつもりはなかったんだけど、天気がよかったのと、ちょっと一杯呑んだら、気分よくなってしまい、お酒とつまみを買い足して、暗くなってからも花見を楽しみました。


例年だと、座る場所なんて、全くない桜山なのに、不景気の影響が花見にまできているのか、ポツポツと空いている所があって苦労しませんでした。


暖かくて過ごしやすく、みんな、まだまだ、これからムードの7時半に風がぴゅーっと吹きました。
それまで、風がなかったので一斉に桜が散って、桜吹雪に…

「お~!」
「雪みた~い」
と歓声が上がり、拍手喝采
花火を見る観客のようです。

画像

提灯の明かりに照らされて、それは幻想的で美しい景色でした。
…ところが、その風が止まらないんですね(^_^;
でもって、雨まで連れて来ちゃったんですね。
はじめ小粒だったので止むかと思いきや、だんだん大粒になって、大雨に…

歓声が悲鳴に変わって、きゃーきゃー言いながら、避難する人、片付けて帰る人…

その様は、まさに「天国から地獄」
そのギャップの楽しい事( ̄ー+ ̄)大爆笑でした。

画像


以前通っていた游らめアートスクールの皆さんが来ていたので、声をかけて、帰ろうと立ち寄ったら、先生の一言、
「いやぁ~、まるで人生みたいだね~。」
とおもしろがって話してました。
さすが師匠さま。

人生うまくいってるときは、一番、気を付けないといけないって、言うもんね。


なかなか体験できない花見でした(^_^;





写真1
ドラえもんとキティちゃん、夢の競演の屋台

写真2
夕暮れ時の雲が、キリンのマークの麒麟みたいでした

写真3
提灯の明かりも手伝って妖艶な桜の木
遠くから、このあたりを見ると、千と千尋の神隠しの神様が来るシーンのようです




おまけ
帰ったら、二日分の洗濯物&毛布二枚がびしょぬれでした(x_x;)









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック